東京城西ロータリークラブ 国際ロータリー 第2750地区

活動内容

第37回インターアクト年次大会 報告

平成29年7月29日、東京実業高等学校にて開催されました国際ロータリー第2750地区インターアクト年次大会に参加をして参りました。東京城西ロータリークラブからは、門野副会長、古屋幹事、船山インターアクト委員長、熊野会員、後藤会員、根岸会員、原田会員、皆川会員の8名が参加しました。チベットから来た歌手による講演もあり、参加した高校生とロータリアンにとって国際理解の促進を図る、とても興味深い大会でした。

インターアクト発表.jpg

インターアクト年次大会参加者.jpg

2017-2018キックオフパーティー

日程:平成29年7月26日(水)(2529回)
ホテルニューオータニ ベッラ・ヴィスタ
司会 横井SAA委員
ロータリーソング「奉仕の理想」
ソングリーダー 辻会員
親睦の部
司会 原田健一親睦活動委員長
料理の説明「ベッラ・ヴィスタ」SOUS-CHEF斎藤慎太郎 様
ワインの説明 エグゼクティブシェフソムリエ谷 宣英 様
乾杯 染矢廣美会員
コンサート『キックオフ ヴァイオリンコンサート』
ヴァイオリン 篠山朝子 様
御礼の言葉 毛利元昭副会長
中締め挨拶 門野正尚副会長&大郷実会員
ロータリーソング「手と手つないで」 
ソングリーダー 坂本應尚会員

IMG_1298★.jpg

横井SAA委員

IMG_1288★.jpg

IMG_1359★.jpg

IMG_1346★.jpg

IMG_1340★.jpg

大久保学園での社会奉仕活動

今年度の社会奉仕活動の一環として、去る4月8日に千葉県船橋市にある知的障害者施設の大久保学園を総勢22名で訪れました。 目的は桜の花見をしつつ、広場にて鉄板焼きやパフォ-マンスの提供をしてロータリアンと入居者の交流を図ることでした。 当日は、あいにく前日からの雨が残る天候でしたため、広場の足場が悪く屋内での活動に変更されました。入居者、職員の方々合わせて約260名が集まり、大賑わいの状況で開始です。11時半過ぎから、肉や野菜、焼きそばなどの調理が始まり、川野会長を中心として多数のロ-タリアンが焼く一方、他のメンバ-は出来たものを盛り付け、配膳などを行いました。 その後、ロータリアンが入居者の中に入り、一緒に会話を楽しんでおりましたが、一段落したところで、入居者のバンド「サクシ-ド」の演奏を楽しみました。数年前にテレビ朝日の番組で最優秀賞をとったことのあるバンドで「オブラディオブラダ」等が披露され、入居者やロータリアンが楽しく踊って盛り上がりました。 その後は、城西ロ-タリ-が御願いした「風船王子」のパフォ-マンスです。某有名遊園地のキャラクタ-など沢山の風船をその場で作り上げていき、入居者を喜ばせておりました。完成したものは入居者が争って、もらいに来る状況に職員の方が対応されておりましたが、あらためて職員のみなさんの大変さを感じたものでした。 イベント終了後、川野会長より施設側へ金一封の贈呈がなされ、施設側からはクラブへの感謝状をいただき、お開きとなりました。 帰る際、施設側からジャムのお土産を頂戴し、全員で満開の桜の下で記念写真を撮り、無事東京まで帰ってまいりました。 今回、社会奉仕活動としては約22名を超す参加者でしたので、過去最大の社会奉仕活動となりました。施設側からも大変感謝されましたが、普段、接することが無い知的障害者のみなさんとの交流は大変意義深いものであったと思います。

17_04_08_2.jpg

17_04_08_3.JPG

17_04_08_4.jpg

17_04_08_5.jpg

17_04_08_1.jpg

17_04_08_6.jpg

海外親睦旅行 ベトナム旅行について

2月16日-20日、東京城西ロータリークラブの海外親睦旅行に行ってまいりました。今年度は“ベトナム”です!参加者は11名。中林会員のグッドな企画で、天候にも恵まれて最高の親睦旅行となりました。 まずは中部のリゾート地“ダナン”へ。下吹越会員の友人が経営されているリゾートホテルへ夜に到着。温泉やマッサージのあと、いきなり宴会スタートです。二日目は、観光組はホイアンの世界遺産を数多く廻り、宿泊は超高級ホテルのインターコンチネンタルリゾートです。下吹越会員の友人紹介の美味しいベトナム料理の店で満喫した後、ホテル内のバーへ。深夜まで全員で車座になり酔いも回り大いに盛り上がりました。 三日目はリゾートを楽しんだ後、空路“ホーチミン”へ。またまた夜は皆でベトナム料理です。四日目は、観光組はクチにてベトナム戦争の現場で地下トンネルを潜るなど貴重な体験をした後、ホーチミン市内を廻りました。ゴルフ組はダナンとホーチミンで2回ラウンド。韓国の方を中心に大混雑でホールアウトできず残念でしたが、異国でのプレイを楽しまれたようです。3泊4日の短い旅でしたが、参加者の皆様方・奥様方のお陰をもちまして、誠に充実した楽しく感動の旅行となりました。ありがとうございました。けがやトラブルが無かったことも何よりです。(門野会員のお部屋に野生のお猿さんが侵入してきて、絶叫されたことぐらいです) お忙しい中、意見を取りまとめて企画して頂いた担当幹事の中林会員、現地お店の紹介や沢山のアドバイスを頂いた下吹越会員、本当にありがとうございました。

170216_vietnum1.jpg

170216_vietnum2.jpg

170216_vietnum_3.jpg

 

国際奉仕活動

カンボジアのトンレサップ湖において水上生活を営む村々の住民に対して、医療奉仕活動を続けている団体であるTLC(The Lake Clinic Cambodia)に対して車両の維持補修費用の支援を行いました。 その成果と医療活動の実態を確かめるために、医療チームTLCに在籍されている前原とよみさんの案内で現地を訪ねました。TLCのメンバーは約10人、遺跡アンコールワットで有名なシェムリアップという町にそれぞれ住んでいます。チームはトンレサップ湖と、周辺の河川沿いに点在する水上生活者の村々に定期的に出向き、各村に常設のクリニック施設(普段は無人)で診療活動をしております。 現地まではシェムリアップでメンバーが集合して、今回修復支援をしたバンに乗り、1時間半かけて湖畔の漁港まで行きます。そこからTLC所有の木造のボートに約2時間乗って向かいます。 クリニックのある周辺の集落はドラム缶などをフロートとしたものです。その真ん中に寄付で設置された床面積50平米くらいの平屋にて医療活動をしております。 診療の日には村民が様々な病気や相談を持ち込んでくるので、2時間待ちなどはざらのようです。この村は約100世帯、500人くらいで小さめですがそれでも診療日は大混雑とのことです。 この医療チームは週に何回も往復3時間ないし5時間の車での移動と、何時間もかかるボートでの移動を繰り返しております。車の片道1時間半の移動の内、舗装道路は30分、穴ぼこだらけの道路で約30分、でこぼこ粘土道が30分という割合です。 普段使用しているバンの負担は相当なものであることが推察されます。今回、修理を完了したバンはエンジン、タイヤ、ドアの開閉など快調でしたが、椅子のクッションやエアコンはさらに修理する必要を感じました。 これらの村民は湖上生活にこだわるのか。それは何百年もの間、それが彼らの世界の全てだったからで、こだわりも何もありません。町のことを知らないので、外界に居場所を見つけるという発想もありません。そして汚れた水を飲んで下痢をして、栄養不良になるのも生活のリズムとしてビルトインされているのです。  この土地での最も多い病気は「無知と貧困」と言われます。 我々が彼らの文化、文明を尊重しつつ、子供たちの元気で明るい生活の手助けをする余地はまだまだ沢山あるようです。 

※川野年度に入り、送金完了致しました。

 

カンボジアTLC3.jpg

カンボジアTLC2.JPG

カンボジアTLC4.jpg

カンボジアTLC1.jpg

oreijou2.jpg

城西ロータリー 家族忘年会

12月7日、恒例の東京城西ロータリークラブの忘年会を行いました。今年はテーマを「最高のエンターテイナー大集合〜感動と笑いの渦へ〜」と掲げ、第一部には“ザ・ベンチャーズサウンド!”と“ザ・キャンディーズサウンド!”、第二部には歴代会長経験会員のみなさんによる“第2回城西ヒットパレード”の披露があり、第三部は日本を代表する名ボーカリスト沢田研二の“ジュリーサウンド!”をお楽しみいただき、大いに盛り上がりました。ご参加いただいた会員とご家族の皆様、本当にありがとうございました。

bounenkai_1.jpg

bounenkai_2.jpg

bounenkai_3.jpg

RUN FOR THE CUREのご報告

11月26日土曜に東京広尾ロータリークラブ主催の「Run for the Cureラン・フォー・ザ・キュア・・・楽しみながら乳がん撲滅のために走ろう」が開催されました。5キロ、10キロのコースで日比谷公園や皇居周辺をウォーキングやランニングで楽しむものでした。ロータリアンは約90名の参加となり、当クラブからは、熊野会員、門野会員、船山会員+お嬢様、皆川等が参加いたしました。晴天にもめぐまれましたので、大変カラダのために良い企画でございました。

runforcure_1.jpg

runforcure_2.jpg

 

炉辺会談 東京 芝 とうふ屋うかい

11月9日、20名を超える参加者により炉辺会談がわきあいあいと行われました。名物とうふ料理に舌鼓を打ち、親睦に花が咲きました。

rohen_1.jpg

秋の国内親睦旅行について

11月3日-4日、東京城西ロータリークラブ秋の国内親睦旅行に行ってまいりました。 参加者23名の日頃の品行方正な活動のお陰を持ちまして、両日共に突き抜けるような秋晴れのもと、最高の群馬への旅行となりました。 赤城クローネンベルクでは羊やアルパカと戯れ、富弘美術館では星野富弘画伯の美しい絵と感動的な詩に心洗われ救われたような気持ちになりました。 「忠治館」では満天の星空を眺めながら日頃の疲れを癒し、美味しい薬膳鍋で健康になった気分になり、 二次会は会長部屋での部屋飲みとなり、学生のようなノリで深夜まで盛り上がりました。 世界遺産の富岡製紙場では真剣にガイドさんの話に聞き入りお誉めの言葉を頂き、美味しい水沢うどんで満腹となり、りんご狩りでは小学生のようにはしゃいで楽しみました。 1泊2日の短い旅でしたが、皆様方のお陰を持ちまして誠に充実した楽しく感動した旅行となりました。 お忙しい中、素晴らしい大満足の企画をしていただいた担当幹事の皆川会員、そして沢山のアドバイスを頂き、バスの中で「国定忠治」の講義を頂いた群馬出身の小暮会員、本当にありがとうございました。

shimboku_1.jpg

shimboku_2.jpg

shimboku_3.jpg

shimboku_4.jpg

 

杉並チャリティー・ウォーク2016

5月15日(日)、杉並区チャリティーウォークに参加しました。高円寺中央公演をスタートし、高円寺の商店街等を歩いてスタート地点に戻ります。写真は高円寺の人気キャラクター「サイケデリーさん」。

charity_1.jpg

charity_2.jpg

Copyright (C) Tokyo Josai Rotary Club All rights reserved.