東京城西ロータリークラブ 国際ロータリー 第2750地区

入会に関して

  • クラブ概要
  • 特典
  • 例会
  • 義務
  • 責務

東京城西ロータリークラブ 入会に関して

ロータリークラブの事業年度は、毎年7月1日より翌年6月30日までの一年間となっています。
クラブの管理運営のために理事会があり、これを総括する職務として会長がこれにあたります。そして業務推進者として幹事、会長補佐役として副会長、会場監督、会計が役員に任命され、これらの役員と理事によって理事会が構成されています。ロータリーのすべての役員の任期は、上記年度の一年です。
次にクラブ活動を実地する機能として委員会があり、四大奉仕を行うのに必要な組織として活躍しています。会員は必ずいずれかの委員会に所属します。

役員・理事

  • 会長
  • 副会長
  • 幹事
  • 会長エレクト
  • 会計
  • 前会長
  • SAA
  • 出席
  • 親睦
  • プログラム
  • 会員増強
  • 社会奉仕
  • 国際奉仕
  • ジュニア支援
  • 広報

委員会

  • SAA委員会
  • プログラム委員会
  • 職業分類・会員選考委員会
  • 国際奉仕委員会
  • インターアクト委員会
  • 職業奉仕委員会
  • 出席委員会
  • 会報委員会
  • ロータリー情報・新会員フォロー委員会
  • ジュニア支援委員会
  • 青少年交換委員会
  • ロータリー財団委員会
  • 親睦委員会
  • 会員増強・退会防止委員会
  • 社会奉仕委員会
  • 新世代交流委員会
  • 米山記念奨学委員会
  • 広報委員会

東京城西ロータリークラブ概要

上に戻る

 当クラブ(東京城西ロータリークラブ)は、国際ロータリークラブ第2750地区にあります。この第2750地区は9つのグループ(千代田G、銀座・日本橋G、京浜G、山の手東G、山の手西G、多摩南G・多摩中G・多摩東G・パシフィックベイスンG)に分けられており、東京城西ロータリークラブは、そのうちの山の手東グループに属しています。

 山の手東グループには東京西RC、東京城西RC、東京西南RC、東京原宿RC、東京杉並RC、東京神宮RC、東京恵比寿RC、東京広尾RC、東京渋谷RC、東京六本木RCの10クラブが有ります。(2013年6月現在)

 東京城西ロータリークラブは、1963年5月6日に東京西北ロータリークラブをスポンサーとして、創立しました。当時のチャーターメンバーは26名で、現在1名が在籍しております。(2013年6月現在)

 クラブ区域は杉並区の北東部に位置し、北は中杉通りを境とし、阿佐ヶ谷2丁目、荻窪3丁目・1丁目の東側部分を含む。南境は善福寺川に沿って東から入り大宮2丁目と成田西1丁目、浜田山4丁目の境界道路にて分けます。

堀越高校学校インターアクトクラブが1966年に創立され、東京杉並ローターアクトクラブが1988年に創立されました。

 その後、東京杉並ローターアクトクラブは発展的解消を遂げ、学生諸氏とロータリアンとの交流の場である早朝例会を初めとした各種新世代活動としてその息吹を今日に伝えています。

 2002年度からは、地域の青少年教育のための奉仕活動として、杉並区の小中学校を対象とした課外授業や職場体験の受け入れを開始し、2012~13年度までの合計は、講演活動実施106講座、城西ロータリー会員を中心とした講師数延べ431人、職場体験学習実施12回、職場体験事業所数延べ73事業所を数えています。

 2009~10年度より、カンボジア井戸掘削支援事業を開始、2013年6月現在、計50基の井戸を寄贈しました。また、2012年より50周年記念事業「未来貢献プログラム」として学生諸氏のボランティア活動の支援を実施しています。

 2013年4月24日、東京城西ロータリークラブは創立50周年を迎え、更なる未来へ向けて躍進しています。

特典

上に戻る

  • 地域社会、近隣諸都市、全国・全世界のRCの例会に出席することができます。そして多くのロータリ アンとの交友の機会がもてます。
  • 自分の住む地域社会のために役立つことができます。
  • 国際的な友好と理解を広めることができます。
  • ロータリーという共通の絆を通して、自分の職業における倫理基準を高めることができます。
  • 襟につける会員バッチは世界共通ですから、会員なら誰とでも知己になれますし、積極的に言葉を掛 け合って、友情を深めることができます。
  • 指定例会日にあなたの職業・あなたの家族について発表してもらう、イニシェーションスピーチの時 間があって、あなたを全会員に知ってもらう絶好の機会が与えられます。

例会

上に戻る

原則として、毎週水曜日の午後12時30分に開会され、午後1時30分に閉会されます。

例会場は、ホテルニューオータニです。

例会は、当クラブの会員や他クラブの会員と共に昼食をとりながら、有意義な卓話や当クラブの活動状況の報告を聞き、会員との親睦を深めます。

「奉仕活動の源泉は親睦から」をモットーに、新入会員は最初は原則としてS.A.A(会場監督)および親睦委員会に所属しますので、例会開始45分前には会場に来ていると良いでしょう。

義務

上に戻る

当クラブに入会すると次のような金銭的負担の義務があります。

入会金、年会費(納入は年期分を上半期が7月31日、下半期が1月31日)その他分担金 とする

あなたの誕生日祝、家族、会社の慶事等に自分の喜びを表すため、例会場に儲けられた「ニコニコBOX」に寄付します。これは義務ではなく自分の意志で行ってください。これが、対外的奉仕活動の資金となります。

その他、諸会合の会費は原則的に自己負担となっています。
個人の意思で行う寄付行為としては、ロータリー財団および米山記念奨学金の寄付があります。

責務

上に戻る

ロータリークラブに入会すると次のような責務を負わなければなりません

毎週の例会には100%出席し、例会時間の初めから終わりまで会場にとどまれることが望まれます。

やむを得ないときは、他のロータリークラブの例会に出席し、自分のクラブに出席したのと同じ効力をもつメークアップをすることができます。メークアップは例会日をはさんで前後二週間以内に行うことが必要です。

ただし ホームクラブの出席率が半年間で30%以下の場合、メークアップを含む出席率が半年間で60%以下の場合、および欠席が連続4回以上でメークアップもしていない場合、会員の資格を失うことがあります。

ご入会に際しては、職業分類による条件、また、クラブからお願いする条件がございます。
ご入会に関するご質問、お問い合わせは、下記までEメールをお寄せください。

Copyright (C) Tokyo Josai Rotary Club All rights reserved.