東京城西ロータリークラブ 国際ロータリー 第2750地区

2017-2018年度会長挨拶

2017-2018年度会長「中村 浩士」写真

年度テーマ「ゴー ゴー 城西」
東京城西ロータリークラブ 2017-2018年度会長「中村 浩士」

今年度、東京城西ロータリークラブは55周年を迎えます。
「奉仕と親睦」「伝統と革新」「地域社会貢献と国際奉仕」などのバランスをとりながら「ゴーゴー」と進めて参りたいと思います。

今年度RIシンボルマークの「先が丸い棒」は各クラブの多様性を表しています。
我々の先輩がたの築いて来た歴史と、20代から90代までの幅広い年齢層と多様な職業分類を誇る会員さんによる自由闊達な空気の、オンリーワンの城西らしさを大切にし、各種活動を通して「ロータリアンで良かった、城西会員で良かった」と思って戴けるよう努力したいと思います。皆様の御理解と御協力をお願い致します。

【重点方針】

  1. 奉仕活動、親睦活動では、クラブライフの面白さを体感できるよう工夫します。
  2. ロータリーの歴史や、組織、世界を舞台にした活動、国内での活動、青少年育成を目的とするプログラム、奨学生の受入れ、ロータリー財団や米山記念奨学会の機能、寄付金やニコニコの意義、などについて理解を深めるための機会をもうけ、充実を目指します。
  3. 奉仕活動、親睦活動とともに、毎週の例会も楽しめるよう工夫したいと思います。 また、クラブ公式行事では無い各種同好会(ゴルフ、マージャン、落語、歌舞伎、ワイン、競馬、相撲等)とも連携し、会員増強につなげられればと思います。
  4. 青少年育成活動は当クラブの奉仕活動の最大の特徴です。 杉並区の小・中学校の課外授業や都立高校のインターシップへの協力、早朝交流例会活動、大学生の奉仕活動を支援する未来貢献プログラム、RYLAセミナー参加者発掘、青少年交換にも注力し、青少年育成と国際奉仕、社会奉仕活動を連係させたいと考えます。
Copyright (C) Tokyo Josai Rotary Club All rights reserved.