東京城西ロータリークラブ 国際ロータリー 第2750地区

2019-2020年度会長挨拶

2019-2020年度会長「門野 正尚」写真

年度テーマ「一歩」
東京城西ロータリークラブ 2019-2020年度会長「門野 正尚」

千里の道も一歩から、大河一滴、不動不達、どのような方針でもどんな目標でも、まずは最初の一歩がなければ始まりません。RIテーマの〜Rotary Connect The World〜も、我々ロータリアンから一歩踏み出さなければ、向こうからやってきません。5,000人の仲間をつなぐためにも、一歩踏み出して、握手を求めなくてはなりません。伝統ある東京城西ロータリーの会長を務めるにあたり、私に出来る事は一歩一歩を積み重ねることだけです。
メンバー、一人一人の、小さな一歩を寄せ集め、積み重ねる事で、クラブの成長の糧に出来たらと願いを込めて、私の会長方針の言葉は「一歩」とさせていただきました。

クラブ重点方針

  1. 奉仕活動
    1. 社会奉仕活動
      1. 従来の奉仕活動の継続、及び予算の見直し
    2. 国際奉仕活動
      1. 50周年記念事業 カンボジア50基設置の総括
      2. 同地区における、持続的な支援の再開
    3. 新世代交流
      1. 従来の新世代交流の継続、及び予算の見直し
      2. 未来貢献プログラム フェーズ2
  2. 親睦活動
    1. 同好会の設立
      1. クラブメンバー内で行われている多くの活動グループを、「同好会」と称し、希望があるものは活動計画の一環として、クラブ手帳などに記載する。
    2. 海外親睦旅行と国際奉仕活動の共同活動
      1. 本年度の国際奉仕活動の拠点としてはカンボジアを考えているところであるが、積極的な参加、特に会歴の浅いメンバーに参加を促したい。
  3. クラブ基盤の強化(会員増強・退会防止)
    1. 新しい仲間が退会の道へ進まないよう各委員会で協力し、積極的に対応したい
      1. 親睦活動への参加呼びかけ
      2. 奉仕活動への参加呼びかけ
      3. 例会の席順指定
      4. 5 on 1の実施
  4. その他
    1. MY ROTARYの 100%の登録を目指したい
      1. マイロータリーは国際ロータリーが提供するホームページサービスですが、発足当時に比べると、かなり使い勝手の良い使いでのあるものになってきました。ここに正確に登録することで、メンバーの募金活動内容や、クラブの規模や推移など簡単に知ることができとても便利です。
    2. 60周年準備委員会の発足

未来貢献プログラム フェーズ2 について

未来貢献プログラムを60周年記念事業の1つとして位置付けたく思います。実施の詳細は、担当委員会にて決められることと思いますが、基本的な考え方のみ記します。
未来貢献プログラムは、
「ロータリーの理念に沿う活動をしている若者を支援する」
事と考えます。奉仕の卵を育むことで、レバレッジの効いた未来に貢献できる奉仕活動となります。ロータリーの理念とは、ロータリーが掲げている6つの分野ではないでしょうか。
平和の推進・疫病との戦い・水と衛生・母子の健康・教育の支援・地域経済の発展
これらを標榜している学生を主体とする団体ならば、支援の対象と考えていいのではないでしょうか。
本年度、60周年準備委員会を設け、記念事業として継続的な活動になるよう関係各位及び委員会の皆様において、ご検討願いたいと思っております。

Copyright (C) Tokyo Josai Rotary Club All rights reserved.